こだわりがスゴイ!大阪・枚方でしか食べられない話題のグルメ2つ

©ytvメディアデザイン

“ひらパー”のイメージが強い大阪・枚方市ですが、実はここでしか食べられない珍しいグルメがあるんです!

今回は2019年9月3日(火)に放送された、読売テレビ『かんさい情報ネットten.』の人気コーナー『おでかけコンシェルジュ』より、枚方エリアの話題のグルメを2つご紹介します。

■1:幻の高級食材を使った絶品つけそばが人気『麺麓menroku』(大峰元町)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

元フレンチのシェフが営む『麺麓menroku』は、フレンチでよく使用される“鴨”とラーメンを合わせたメニューが大人気のお店です。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

なかでも人気のメニューは『鴨つけそば』(930円・税込)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

使用している鴨肉は和歌山県の『太田養鶏場』で飼育されている“紀州鴨”。臭みが少ないのが特徴で、生産数が少ないため“幻の高級鴨”と言われています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

スープは、フレンチで使われる“フォン・ド・カナール”という技法を使い、焼いた鴨の骨やしょうが、にんにく、野菜などを6時間かけてじっくりと煮込んでいます。

これにより、鴨のダシがよくきいていて、深い味わいのある絶品スープになっています。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

使用している麺は、なんとドイツ産のライ麦を配合している“ライ麦麺”。香りが強く、力強い味わいの鴨ガラスープとは相性抜群です!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

チャーシューは、鴨を24時間以内に調理しているため、鮮度抜群で鴨独特の臭みをほとんど感じさせません。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

鴨はお皿についている自家製カシスソースをつけていただきます。臭みがない分、旨味が強くとっても美味しいですよ。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

お店は津田駅からバスで6分。『鴨手羽先の赤ワイン煮込み』(190円・税込)などのメニューもぜひ味わってみてくださいね!

<店舗情報>
麺麓menroku
住所:大阪府枚方市大峰元町1-6-30
最寄駅:JR『津田駅』
電話番号:072-396-6749
営業時間:11:00~15:00(L.O.)/17:30~22:00(L.O.)
定休日:火曜日(第2月曜・第4月曜は昼のみ営業)

■2:30分単位で焼きたてパンが店頭に並ぶ『イロハベーカリー』(伊加賀東町)

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

フランスパンがイチオシのお店『イロハベーカリー』には、“第2のフランスパンブームを呼ぶのではないか”と騒がれているパンがあるんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

それがこちらの『パン・ド・ロデヴ(りんご)』(380円・税込)。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

赤ワインで煮込んだドライりんごの酸味がアクセントになりつつ、中のしっとりした食感が病みつきになる絶品なんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

普通のフランスパンとの違いは作り方にあります。

まずは、2種類の小麦粉を独自の配合でブレンド。通常のフランスパンの加水率が60〜70%のところ、『パン・ド・ロデヴ』の加水率はなんと90%以上!

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

この加水率だからこそ、外はフランスパン特有の歯ごたえがありながらも、中はしっとりとした食感に仕上がるんです。

画像:読売テレビ『かんさい情報ネットten.』

そんな美味しいパンが食べられるお店は、枚方公園駅から徒歩5分。クリームの甘さが絶品の『パイコルネ』(210円・税込)もおすすめです。

<店舗情報>
イロハベーカリー
住所:大阪府枚方市伊加賀東町1-5
最寄駅:京阪『枚方公園駅』
電話番号:072-380-0779
営業時間:9:30~19:30
定休日:日曜日・月曜日

異色の組み合わせであるフレンチラーメンや病みつきになる絶品パンなど、興味をそそられるグルメがある枚方市駅エリア。ぜひ足を運んでみて!(文/奥山りか)

【画像・参考】
読売テレビ『かんさい情報ネットten.』(月曜~金曜 夕方4時47分~)

※この記事は2019年9月3日に放送されたものです。最新の情報は各店舗・施設にお問い合わせください。