JR接触、死亡男性は元日本代表

ブラインドサッカーで活躍

©一般社団法人共同通信社

 警視庁新宿署は3日、JR新宿駅で2日夜に電車と接触して死亡した男性の身元を会社役員石井宏幸さん(47)=東京都豊島区=と確認したと明らかにした。同署などによると、石井さんは全盲で、ブラインドサッカーの元日本代表選手。視覚障害者のホーム転落事故を防ぐ啓発活動にも携わっていた。

 事故は2日午後7時15分ごろに発生。石井さんは白杖を持ちホームにいたが、山手線の外回り電車が入線する直前、自ら線路に下りる姿が目撃されているといい、新宿署が経緯を調べている。

 石井さんは、イベント企画運営会社の代表取締役だった。