佐世保市の看護師、長岡さん ミス・ツーリズム世界大会へ

日本代表として あすからフィリピンで

©株式会社長崎新聞社

「ミス・ツーリズム・ビューティー・オブ・ザ・ワールド2019」に出場する長岡さん=佐世保市新港町

 長崎県佐世保市の看護師、長岡里奈さん(24)が5~20日にフィリピンのパラワン島で開催される世界大会「ミス・ツーリズム・ビューティー・オブ・ザ・ワールド2019」に日本代表として出場する。長岡さんは「国際舞台は初めて。地元の魅力を発信したい」と意気込む。
 大会の日本事務局によると、フィリピンの市民団体が観光地のPRを目的に初めて企画。優勝者は「世界の観光大使」の称号を得る。約40カ国の代表が出場。水着や各国の伝統衣装の審査、自国の観光地を紹介するスピーチがある。
 長岡さんは2015年ごろ、ミスコン出場者が美を追求する姿をとらえたテレビ番組を見て感動。挑戦を始めた。仕事の傍らトレーニングを重ね、世界五大ミスコンテストの一つとされる「ミス・スプラナショナル」日本大会で17年と18年の2年連続でファイナリストになった。
 出場経験を知った「ミス・ツーリズム-」日本事務局が、長岡さんを日本代表で抜てきしたという。
 長岡さんは長崎の自然の豊かさや、被爆地であること、ちゃんぽんや佐世保バーガーといった食べ物のおいしさを紹介する予定。「地方で仕事をしながらでも、世界を目指すことはできる。長崎代表として頑張りたい」と話した。