2010年12球団ドラフト1位の今 6球団競合の西武大石が戦力外も…現役は9人

©株式会社Creative2

日本ハム・斎藤佑樹【写真:AP】

大石と同じ2010年ドラフトで1位指名された選手、斎藤佑や山田哲も

 西武の大石達也投手が3日、球団から来季の契約を来季の契約を結ばないことを通告された。2010年のドラフト会議で6球団競合の末に西武入りした右腕は引退を表明。9年間のプロ生活に幕を下ろし、球団スタッフとして西武に残ることを明かした。

 西武の2010年ドラフトでは、2位で牧田和久投手、3位で秋山翔吾外野手、6位で熊代聖人外野手と現在も現役を続ける3人も加入。“当たり年”の1つと言えるが、他球団の同じ2010年ドラフトの1位指名選手は誰で、今どうしているのか。ウエーバー順に見てみよう。

○横浜(元DeNA)
須田幸太 投手 JFE東日本 2018年・戦力外
通算166試合登板 16勝19敗1セーブ37ホールド 防4.81

○楽天
塩見貴洋 投手 八戸大 現役
通算132試合登板 42勝48敗 防3.67

○広島
福井優也 投手 早大 現役(楽天)
通算117試合登板 32勝37敗 防4.54

○オリックス
後藤駿太 外野手 前橋商高 現役
通算799試合出場 打率.225 14本136点30盗

○ヤクルト
山田哲人 内野手 履正社高 現役
通算964試合出場 打率.297 202本583点168盗

○日本ハム
斎藤佑樹 投手 早大 現役
通算88試合登板 15勝26敗 防4.34

○巨人
澤村拓一 投手 中大 現役
通算317試合登板 47勝49敗74セーブ50ホールド 防2.74

○ロッテ
伊志嶺翔大 外野手 東海大 2019年・戦力外
通算448試合出場 打率.242 6本59点59盗

○阪神
榎田大樹 投手 東京ガス 現役(西武)
232試合登板 28勝24敗3セーブ60ホールド 防4.11

○西武
大石達也 投手 早大 西武
通算132試合登板 5勝6敗8セーブ12ホールド 防3.64

○中日
大野雄大 投手 佛教大 現役
通算162試合登板 58勝61敗2ホールド 防3.31

○ソフトバンク
山下斐紹 捕手 習志野高 現役(楽天)
通算111試合出場 打率.206 5本15点0盗

山田哲人は“外れ外れ1位”、後藤は“外れ外れ外れ1位”に

 ドラフトでは横浜、楽天、広島、オリックス、阪神、西武の6球団が大石を1位指名。西武が引き当てた。さらに、ヤクルト、日本ハム、ロッテ、ソフトバンクが斎藤佑を1位指名し、日本ハムが交渉権を獲得。巨人は澤村、中日は大野雄の単独指名に成功した。

 くじを外した横浜は須田、広島は福井、阪神は榎田、ソフトバンクは山下を指名して交渉権を獲得。楽天とヤクルトは塩見で“外れ1位”指名も重なり、塩見は楽天へ。オリックスとロッテも伊志嶺で外れ1位指名が重なり、伊志嶺はロッテが交渉権を獲得した。そして、“外れ外れ1位”指名ではオリックスとヤクルトが山田哲でまたも重複。ヤクルトが交渉権を引き当て、オリックスは“外れ外れ外れ”1位で後藤を指名した。

 12人のうち、現在もNPBで現役を続ける選手は9人もいる。須田は昨年限りで戦力外となり、今年は社会人のJFE東日本に復帰。大石と伊志嶺は3日に戦力外を告げられた。一方で、“外れ外れ1位”の山田哲は日本を代表する打者に。中日の大野雄は今季エースとして復活を遂げ、巨人の澤村も存在感を見せた。

 福井と山下は楽天に移籍。斎藤佑、塩見を含めた4人は怪我との戦いや、1、2軍を行き来しながらも現役でプレーを続けている。福井、斎藤佑とともに「早大三羽烏」と呼ばれた大石だが、1番最初にユニホームを脱ぐことになった。(Full-Count編集部)