ホッケー少年男子4位 茨城国体

©株式会社岩手日報社

少年男子3位決定戦で島根に無得点で敗れ、肩を落として引き揚げる岩手の選手たち=東海高多目的グラウンド

 【茨城国体取材班】第74回国民体育大会「いきいき茨城ゆめ国体」第6日は3日、茨城県内で10競技が行われ、本県はホッケーの少年男子が3位決定戦で横田高単独の島根に0-4で敗れて4位だった。自転車は少年男子ケイリンの三浦生誠(きあき)(盛岡農高3年)が7~12位決定戦に臨み8位入賞を果たした。

 成年男子ケイリンの安倍大成(早大3年)は10位。重量挙げは成年男子が3階級に出場し、81キロ級の及川翼(野田村役場)がスナッチで125キロを挙げて9位に入ったのが最高だった。ハンドボールは成年女子と少年男子がともに初戦で姿を消した。ボクシングは成年男子ライトフライ級の鈴木義人(東洋大1年)と少年男子ミドル級の鳥谷部魁(黒沢尻工高2年)が初戦を突破して8強入り。ボウリングは少年男子団体の千田祐太(水沢商高2年)菅原奏(花巻・石鳥谷中3年)組が予選11位で決勝を逃した。

 3日終了時点の本県の男女総合成績(天皇杯)は622.5点で35位。東北勢では宮城(24位)、青森(28位)に次いで3番目。