【熊本県感染症情報】リンゴ病倍増、今年報告最多

©株式会社熊本日日新聞社

 9月23~29日の熊本県感染症情報によると、県内50定点の医療機関から報告された伝染性紅斑(リンゴ病)の患者数は前週比20人増の44人とほぼ倍増、1週間の報告としては今年最多となった。

 保健所管轄別では、荒尾・玉名、山鹿が警報レベル。年齢別では4~6歳が多い。微熱やせきなど風邪の症状に加え、頬が発疹でリンゴのように赤くなる。

 成人は頬の発疹はあまりみられないが、関節痛や関節炎になる場合も。妊婦が感染すると流産の可能性もあるので、注意が必要だという。

 県健康危機管理課は「感染して症状が出ない人も4人に1人程度あり、感染源になり得る。流行時には人混みを避け、丁寧に手洗いをするなど予防を心掛けて」と呼び掛ける。

 ほかに多いのは、RSウイルス感染症が前週比29人減の209人、感染性胃腸炎が14人減の207人、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎が24人減の49人。

 全医療機関に報告義務がある感染症では、レジオネラ症2人、百日ぜき4人だった。(川崎浩平)

(2019年10月4日付 熊本日日新聞朝刊掲載)