パナソニック、2台連結可能な宅配ボックス「COMBO-Light」、施工も簡単に

©株式会社BCN

パナソニックは、最大2台の連結が可能な電源不要の後付け用宅配ボックス「COMBO-Light(コンボライト)」2種を10月21日に発売する。

COMBO-Light(ミドルタイプとラージタイプ)

独自の捺印機能や高い耐久性といった、「コンボ」シリーズの特徴はそのままに、素材の見直しや据え置き設置特化などによって税別3万円台からと価格を抑えた。さらに、要望の多かった大容量ラージタイプを追加し、ミドルとミドル、ミドルとラージの組み合わせで連結して使用できるため、外出中に荷物が2回続けて届いた場合でも受け取れる。

取り出し方式は前出しで、カラーは、玄関の雰囲気に合わせて選べるマットブラック、漆喰ホワイト、エイジングブラウン、ステンシルバー、ボルドー、ダークウッドの6色。

カラーは全6色だが、シックなマッドブラック以外はプラス1万円となる

サイズは、ミドルタイプが幅390×高さ590×奥行き473mm、ラージタイプが幅390×高さ790×奥行き473mm。受け取り最大サイズは、最大20kgまで対応するミドルタイプが幅310×奥行き400×高さ500mm、最大25kgまで対応するラージタイプは幅310×奥行き400×高さ700mm。

後付けしやすいよう、接着施工によって、電動工具を使わずにユーザー自身で手軽に設置可能になった。従来のアンカーを打ち込む施工方法にも対応している。なお、接着施工、アンカー施工には別売の据え置き施工用ベース(税別9500円)が必要。

接着施工の流れ

税別価格は、ミドルタイプのブラックが3万9800円、その他のカラーが4万9800円、ラージタイプのブラックが4万9800円、その他のカラーが5万9800円。