教員間暴力で市教委が謝罪 あだ名はポンコツの「ポンちゃん」 20代教員にセクハラも

©株式会社神戸新聞社

教員間暴力が発覚した東須磨小学校=4日午後、神戸市須磨区堀池町1

 神戸市須磨区の市立東須磨小学校の20代男性教員が、同僚の先輩教員4人に昨年から継続的に暴行や暴言などのいじめを受けていた問題で、同市教育委員会は4日、この4人から、男性教員に加えて3人の20代教員も暴言やセクハラ行為を受けていたことを明らかにした。市教委は、市役所で開いた記者会見で「市民の信頼を著しく失墜する行為」として謝罪した。

 市教委によると、加害側の教員は30代の男性3人と40代の女性1人。4人から男性教員以外にいじめに遭っていたのは女性2人、男性1人で、このうち女性へのセクハラ行為があったほか、男性に対してはポンコツの意味で「ポンちゃん」と呼んでいた。被害を受けた3人は体調を崩すことなどはなく、通常通り出勤しているという。

 一方、4人からいじめを受けて精神的に不安定になり、9月から療養を余儀なくされている男性教員について市教委は、既に明らかになっている内容とは別の被害も説明。4人は男性教員に対し、携帯電話にロックをかけて使えなくする▽背中を肘でぐりぐりと押したり、足を踏み付けたりする▽無理やり車で自宅まで送らせたり、酒を飲ませたりした-という。

 また、男性教諭が「目や唇に激辛ラーメンの汁を塗りたくられた」「羽交い締めにされ、激辛カレーを無理やり食べさせられた」などと訴えていることも確認しているという。

 市教委は、いじめ行為の詳細を調査。加害側の教員について既に10月から担任を含む業務から外し、処分内容を検討する。これに伴い、7日付の人事異動で市教委と他校から計3人の教員を東須磨小に配置。市教委の資質向上担当課長に同校の担当を兼務させ、学校運営を支援する。(佐藤健介)