400mリレー、日本は「銅」

世界陸上、2大会連続

©一般社団法人共同通信社

男子400メートルリレー決勝 第3走者の桐生(中央奥)からアンカーのサニブラウン(同手前)へリレー。37秒43のアジア新で銅メダルを獲得、東京五輪出場権も確保した=ドーハ(共同)

 【ドーハ共同】陸上の世界選手権第9日は5日、ドーハで行われ、男子400メートルリレー決勝で多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキームの日本は37秒43のアジア新記録で2大会連続の銅メダルを獲得した。東京五輪出場権も確保。米国が世界歴代2位の37秒10で制し、英国が37秒36で2位だった。

 男子マラソンはレリサ・デシサ(エチオピア)が2時間10分40秒で勝ち、山岸宏貴が2時間16分43秒で25位。川内優輝は29位、二岡康平は37位だった。

 女子5000メートル決勝で田中希実は日本歴代2位の15分0秒01をマークして14位となった。

世界陸上男子400mリレーで銅メダルを獲得し、歓喜のジャンプを披露する日本の(左から)多田修平、白石黄良々、桐生祥秀、サニブラウン・ハキーム=5日、ドーハ(ロイター=共同)