「7種の桃のエール」サンクトガーレンから樽生限定で発売(10月4日販売開始)

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

神奈川県厚木市の元祖地ビール蔵サンクトガーレンから、毎年恒例のスペシャルビール「7種の桃のエール」が2019年10月4日より樽生限定で販売されます。

2019年の夏は梅雨に伴う日照不足(6月末から7月中旬にかけて関東甲信平年比40%以下)の影響で色ムラ・色薄・傷などの“訳あり”桃が多く発生しました。市場には出せない“訳あり”桃が例年より多く出たため、「7種の桃のエール」の名前ながら、さらに3種類足した10種類(※)の桃を過去最高量、約500kgの果実を使用したビールとなりました。

※夢しずく・白凰・あかつき・まどか・紅錦香(くにか)・川中島・ゆうぞら・幸茜・桃水・西王母(せいおうぼ)

桃らしさあふれるビール

麦芽には小麦麦芽をあわせて使用し大麦より柔らかくトロリとした飲み口を表現しています。また、桃の加工は以前は粗切りにし投入していたところ現在は

桃は皮と種を除きピューレに加工してから、ビールのベースとなる麦汁に投入しています。

(引用:サンクトガーレン公式サイト

写真提供 サンクトガーレン有限会社
写真提供 サンクトガーレン有限会社

写真からもわかる桃のジューシーさとトロトロ感。子供も大好きなピーチネクターのようです。ピューレに加工する手間をかけたことでビールとの馴染みが良くなるとのことで、フルーツ感が堪能出来そうです。

自然の恵みに感謝

10月最初の週末に大人のピーチネクターを早速飲んでみるため、向かった先は横浜オクトーバーフェスト2019。開幕直後の週末昼過ぎですが、会場は大盛り上がり。もちろん乾杯の歌を「7種の桃のエール」で!

写真 横浜オクトーバフェストにて乾杯の歌を歌いながら

立ち上る桃の甘い香り、味わいはそれほど甘みは強くなく、麦芽のコクやビールの苦みを感じます。麦と桃のハーモニーがおりなす「7種の桃のエール」。自然からの恵みに感謝したオクトーバーフェストでした。

「7種の桃のエール」はこちらでいただけます。

●2019年10月4日(金)~20日(日) 横浜オクトーバーフェスト@横浜赤レンガ倉庫

第一会場No.15

https://www.yokohama-akarenga.jp/oktoberfest/

●2019年10月5日(土)~8日(火) 大江戸ビール祭り@品川インターシティ S&R棟前広場
注)イベントは10月10日(木)~13日(日)も開催されますが、サンクトガーレンの出店は前半のみ

https://www.oedo-beer-festival.jp/

●Bakery&Beer Butchers (ベーカリー アンド ビア ブッチャーズ)

こちらのお店では「7種の桃のエール」を在庫がある限り提供。
住所:神奈川県厚木市中町2‐7‐16 内田ビル1F(アクセス:小田急線 本厚木駅 徒歩5分)
電話:046-259-9125
営業時間:9:00~22:00 ※月曜定休

10月20日以降は全国のサンクトガーレン取扱い店に出荷予定。