「磯野家の人々」小手伸也が穴子さん役! 声は「若干“寄せて”ます」

©株式会社東京ニュース通信社

俳優の小手伸也が、天海祐希主演で11月24日に放送するスペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(午後8:00)に出演することが決まった。小手は20年後の穴子を演じる。

同作は、日本一有名な家族であるサザエさん一家の、これまで一度も描かれたことのない20年後をオリジナルストーリーで描くもので、小手が演じる穴子はマスオと同期入社で20年後も変わらず「海山商事」で営業に勤しんでいる。アニメでは27歳とは思えない“老け顔”が印象的だが、20年たって逆に年齢よりも少し若く見られるように。

マスオとともに出世をするも、部下である新入社員たちが“ゆとり世代”で、コンプライアンスにうるさい時代にもなり、強いことも言えず、逆に新入社員に気を遣う日々を送っている。そんな穴子の気晴らしと言えば、20年前と変わらず、公私ともに仲の良いマスオとの帰りに一杯。仕事の愚痴などを言い合いながら夜が更けていく。

穴子役のオファーに小手は「正直、驚きを禁じ得ませんでした。顔も長くないし唇も分厚くないし。ただ20年後という発想にあやかり、“可能性の一つ”として演じさせてもらいました」と快諾。演じる上では「原作・アニメに対するリスペクトはどうしても反映したく、僕にとっての穴子さんの声は、やはり若本規夫さんだったりするので、“声はそんなに年をとらない”というイメージのもと、若干“寄せて”ます。リアリティーとともに出す作業はとても刺激的でした!」と工夫を明かしている。

さらにサザエさん一家・幻の8人目の家族である、サザエとマスオの長女・フグ田ヒトデも登場する。ヒトデは1954年に発刊された雑誌「漫画読本」の創刊号に掲載された一コマ漫画「サザエさん一家の未来予想図」に一度だけ登場したキャラクター。20年後を描く今回のドラマでは、成長して高校生となったヒトデが家族の一員として初登場する。演じるのは若手女優の桜田ひより。「幻の8人目の家族ということで、調べてみると原作では1回しか登場していないとてもレアなキャラクターで、すごく演じがいがあるなと感じました」と話している。