堅実派の大久保佳代子が本気で惚れた芸能人。亀梨和也の “頭ポンポン” でイチコロ?

©株式会社ドットレンド

9月28日、『メレンゲの気持ち(日テレ系)』にオアシズの大久保佳代子がゲスト出演し、「芸能界で本気で惚れた3人の男」として、舘ひろし、山田孝之、そしてジャニーズで唯一、KAT-TUNの亀梨和也の名前をあげた。 

ダンディで、女心をくすぐる優しさが自然体でにじみ出る亀梨 

大久保佳代子が『KAT-TUNの世界一タメになる旅!+(TBS系)』の前身にあたる『KAT-TUNの世界一ダメな夜(TBSP系)』にゲスト出演した際、大きな水槽に落ちるシーンがあった時のこと。「収録後、みんな『大丈夫だった?』くらいは言ってくれたけど、亀梨くんだけが『大丈夫だった?大久保さん、風邪ひかないでね』と言って、頭を“ポンポン”って…」と、その様子を再現。スタジオからは「ヤバい」と悲鳴が上がった。

 また、その後、トーク番組(おそらく『ノンストップ(フジテレビ系)』)で共演した際に、そのエピソードを話すと、収録後にカメラが回っていない時に「じゃあ、大久保さん、またね」と頭をポンポンされたという。久本雅美が「計算通りやん!」、いとうあさこが「罪な男」と言うも、「転がされてもいい」とうっとりした表情を見せた。 

「アラフォーだって、イケメンにときめく」とイケメン好きを隠さない大久保だが、OL経験もあり、お金の使い方も堅実。あるインタビューで好きなタイプの男性は「天真爛漫で社交性もあって、人と会話もある程度、楽しませる力がある人がいい」と語るように、顔だけでなく中身重視。ジャニーズ、イケメンとの共演が多いが、「(亀梨は)ダンディで、女心をくすぐるテクニックをすごく持っている人」と絶賛した。

下心なし、気遣いのナチュラルな“頭ぽんぽん”にキュン死

SNSでは、「大久保さんになって、亀梨くんに頭ぽんぽんされたい」「大久保さんの身長は158cmで同じくらいだから、自分に置き換えて妄想できる」と、“してほしい”の声と、「亀梨くんは、いつも女性芸人に優しい」「あの番組、見ていたけど、女性芸人が水槽に落とされた時に、とっさに足が前に動いていた。亀梨くんは本質的に優しい」「“頭ぽんぽん”は、誰がやってもキュンキュンするわけではない。亀梨くんだからあり」と、納得する声でわいた。 

そこで、「“頭ぽんぽん”は、いけないっすよね」という、レギュラーの伊野尾慧(Hey!Say!JUMP)に、大久保が“頭ぽんぽん”をリクエスト。見つめ合って「佳代子、おつかれ」と声をかけたが、大久保は「コント入ってる」と、首をかしげて苦笑い。伊野尾ファンからは、「伊野尾ちゃん、ばっさり斬られてちょっと可愛そう」と残念がる声や、「バラエティの空気読んで役割こなして偉い」と褒める声があった。 

“頭ぽんぽん”は、壁ドンに続く、女性の胸がときめくアクション。好意を伝えるボディタッチの他に、「可愛いなあ」「守ってあげたい」という気持ちの現れ、体調やストレスを気遣ったり、慰めようとしている場合がある。大久保は、以前「男性からのボディタッチは下心見えた時点でダメ」と語っていたこともあり、亀梨には、下心や計算といったいやらしさを感じなかったのだろう。しかも、「大丈夫?」「風邪ひかないでね」「またね」の優しい一言とセットときたら、惚れるのも無理はなさそう。

数日前、某所で、亀梨と大久保、二人のバラエティ番組のロケが目撃されている。この際も、“頭ぽんぽん”はあったのか、気になるところだ。 

〈ライター/佐藤ジェニー〉