憩いや出会いの場になれば ハートのオブジェ「マーベラスチャーム」 

©株式会社長崎新聞社

 西彼長与町岡郷の農産物加工所敷地に木でできたハート形のオブジェがお目見えし、人目を引いている。
 縦2.6メートル、横3.7メートル。同加工所のグループ企業、森満工業(同町)が福岡県糸島市で開かれたサンセットライブ会場で展示するためにデザインした。両手でつくったような「ハート」が人と人のつながりを表現しており、会場では多くの人の注目を集めたという。
 名称は「偉大なるお守り」との意味を込めた「マーベラスチャーム」。腰掛けることもでき、親子連れらが座ったり、写真を撮ったりしている。ハートに守られ「憩いや出会いの場になれば」と同社。