納税だより

北海道倶知安町 広報くっちゃん令和元(2019)年10月号

©株式会社VOTE FOR

■公的年金からの町道民税の特別徴収
令和元年4月1日に65歳以上で、前年中の公的年金に対して町道民税が生じた方は、次の(1)または(2)のとおりとなります。

(1)昭和28年4月3日から昭和29年4月2日生まれの方
今年の10月から公的年金特別徴収が始まります。公的年金に係る年税額の半分を2回に分け、6月と8月に納付書(口座振替)で納め、残った年税額は10月、12月、翌2月に支給される年金から徴収となります。

(2)昭和28年4月2日以前生まれの方
昨年度何らかの事情で特別徴収が中止になった方以外は、年6回の公的年金支給時に徴収となります。前年度の年金に係る税額の半分の額を、4月、6月、8月に支給される年金から徴収となります(仮特別徴収)。10月、12月、翌2月の年金支給時には、年税額から仮特別徴収される税額を引いた残額が徴収となります。

※公的年金から特別徴収される町道民税は、公的年金に係る税額分のみです。公的年金以外の所得に係る町道民税は、別に納付書や給与からの徴収で納めていただきます

※本年度分の計算の結果、年税額が仮特別徴収額より少ない場合は還付金が発生します。該当する方には手続きの連絡をしています

※次に該当する方は対象となりません
・もともと町道民税が非課税の方
・町道民税の額が公的年金支給額を超える方
・年金の年間支給額が18万円未満の方など

問合せ:
・税務課住民税係
【電話】0136-56-8003

・町道民税・軽自動車税のこと(窓口(8))
住民税係
【電話】0136-56-8003

・税金の納付方法、納税相談(窓口(9))
納税係
【電話】0136-56-8002

・固定資産税のこと(窓口(10))
資産税係
【電話】0136-56-8004