ロアッソ、7戦ぶり黒星 FC東京U─23に0─2

©株式会社熊本日日新聞社

【熊本-FC東京U-23】前半16分、自陣ゴール前で必死のディフェンスを見せる熊本の選手たち=宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場(小山真史)

 明治安田J3第25節最終日は6日、各地で6試合があった。前節4位のロアッソ熊本は、宮崎市生目の杜運動公園陸上競技場で最下位のFC東京U─23と対戦し、0─2で7戦ぶりの黒星を喫した。2位北九州がC大阪U─23に0─2で敗れ、前日に首位の群馬と3位藤枝が2─2で引き分けたため、順位に変動はなかった。

 熊本は前節と同じメンバーが先発し、4─4─2の布陣を敷いた。前半15分、右サイド深く入った相手DFからのクロスをゴール前でFWに合わせられ先制点を許した。

 後半2分には、GK山本海人がペナルティーエリア内で相手を倒したと判定され、PKで0─2とされた。以降はFW北村知也や途中出場のFW原一樹が好機を得ながら決めきれなかった。

 他会場では5位富山がG大阪U─23に3─2、6位鳥取は讃岐に1─0でそれぞれ勝利した。

 次節の熊本は13日午後2時から富山県総合運動公園陸上競技場で富山と対戦する。

(2019年10月7日付 熊本日日新聞朝刊掲載)