大坂なおみ 2大会連続優勝。ジョコビッチは楽天OP初優勝

©株式会社WOWOW

「チャイナ・オープン」での大坂なおみ

■「チャイナ・オープン」(中国・北京/9月28日~10月6日/ハードコート)

6日、大会9日目の女子シングルス決勝。第4シードの大坂なおみ(日本/日清食品)が第1シードのアシュリー・バーティ(オーストラリア)に3-6、6-3、6-2で逆転勝利し、自身初の同大会優勝を果たした。

この試合、大坂は第1セットを落とすも、第2セットは第6ゲームでブレークに成功。リードを守ってセットを奪い、望みを繋いだ。そして第3セット、大坂は2度ブレークに成功し、世界1位バーティとの1時間50分の試合を制した。

大坂はこれで今シーズン3個目、キャリア通算5個目のタイトルを獲得。また、9月の「東レ パン・パシフィック・オープン」に続き、出場2大会連続の優勝を成し遂げた。

■「楽天ジャパンオープン」(日本・東京/9月30日~10月6日/ハードコート)

大会7日目の男子シングルス決勝。第1シードのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が予選勝者で世界80位のジョン・ミルマン(オーストラリア)に6-3、6-2で勝利。同大会初出場にして初優勝を果たした。

この試合、ブレークポイントを1本も握られることなく、盤石な守りと驚異的な攻撃で勝利を手にしたジョコビッチ。これでシングルスにおいて、今シーズン獲得タイトルは4個、通算獲得タイトルは76個となった。

なお、ジョコビッチは来年開催される東京オリンピックも踏まえて、同じ会場で行われる「楽天ジャパンオープン」に今年初出場。これまで獲得したことがない唯一のビッグタイトルである、オリンピックの金メダル獲得へ向けて、大きな手応えとなる優勝となった。

■「ATP500 北京」(中国・北京/9月30日~10月6日/ハードコート)

大会7日目の男子シングルス決勝。第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)が第3シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)に3-6、6-4、6-1で逆転勝利。自身初の同大会優勝を果たした。

今大会準決勝での勝利で、ツアー最終戦「Nitto ATPファイナルズ」の出場権を獲得していたティーム。決勝はフルセットにもつれ込むも、第3セットは相手にチャンスを与えず制し、キャリア通算獲得タイトル数を15に伸ばした。

◇ ◇ ◇

【10月6日 主な試合結果】

◆「チャイナ・オープン」

女子シングルス決勝

〇[4]大坂なおみ(日本/日清食品)3-6、6-3、6-2 ●[1]アシュリー・バーティ(オーストラリア)

「楽天ジャパンオープン」

男子シングルス決勝

〇[1]ノバク・ジョコビッチ(セルビア)6-3、6-2 ●[Q]ジョン・ミルマン(オーストラリア)

◆「ATP500 北京」

男子シングルス決勝

〇[1]ドミニク・ティーム(オーストリア)3-6、6-4、6-1 ●[3]ステファノス・チチパス(ギリシャ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「チャイナ・オープン」での大坂なおみ
(Photo by Xinyu Cui/Getty Images)