関電、土地賃借や巡視も特命発注

吉田開発、原発関連広範に

©一般社団法人共同通信社

福井県高浜町の建設会社「吉田開発」

 関西電力の役員らが福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から多額の金品を受領していた問題で、関電が14年9月~17年12月、森山氏が顧問を務めていたとされる高浜町の吉田開発に、同社が主業務とする土木建築工事以外にも、原発の工事用資機材を置くための所有地の賃貸借や原発構外施設の巡視業務の契約を、入札を伴わない「特命発注」で結んでいたことが7日、分かった。

 関電の調査報告書で判明。これらの契約は、原子力事業本部が吉田開発に特命発注した計10件に含まれており、同社が原発関連で広範な業務を受注していた実態が浮かび上がった。関電は10件の詳細を明らかにしていない。