絶対見たい!「ディズニー・ハロウィーン2019」のショー&パレード

©株式会社サンケイリビング新聞社

こんにちは。シティリビング編集部のサオリーマウスです。

10月に入り、ハロウィーンもシーズン真っただ中!

いま東京ディズニーリゾートに行くなら、絶対に見てほしいのがハロウィーン限定のショー&パレード。

そこで、今回は東京ディズニーシー&東京ディズニーランドそれぞれで実施されているショーとパレードを紹介します。

今年初開催! 東京ディズニーシーの「フェスティバル・オブ・ミスティーク」

東京ディズニーシーのエントランスもハロウィーン仕様に。

東京ディズニーランドに比べ(詳しくはこちらを https://city.living.jp/tokyo/hensyubu-tokyo2/1100393)、大人っぽい雰囲気です。

パークを進むと、ハロウィーン限定の装飾が目に入ってきますが、

今年のテーマが「ダークで妖しいハロウィーン」というだけあって、いつものミッキーマウスやミニーマウスとはちょっと違うのが特徴。


ミッキーマウスも、いつもはキュートなミニーマウスやデイジーダックも、どこか怪しげな表情。

東京ディズニーシーで開催されるのが「フェスティバル・オブ・ミスティーク」という水上ショー。

今年初めて開催されるショーということもあり、舞台となるメディテレーニアンハーバーには多くのゲストが集結!

かつて行われていたハロウィーンの祝祭が復活することになり、大にぎわいの港町・ポルトパラディーゾ。

ショーは、舞踏会風のコスチュームに身を包んだダンサーたちのパフォーマンスから始まります。

そこに祝祭を楽しむため、仮装をしたミッキーマウス、ミニーマウス、チップ&デールなど、ディズニーの仲間たちがフロートに乗って登場!

しかし華やかな音楽や踊りに包まれる中、徐々に漂い始める不穏な気配…。

"ハッピーハロウィーン!"という感じの、明るく楽しいイメージの強い、例年のハロウィーンショーに比べると、いつもとは違った雰囲気に「この後、どうなっちゃうの!?」と内心ドキドキ。

果たして、東京ディズニーシーのハロウィーンはハッピーエンドになるのか?

結末はぜひ、パークで確かめてみてください。


ちなみに、お決まりのミッキー&ミニーの鼻キッスもあります(笑)。

かわいいコスチュームにも注目! 東京ディズニーランドの「スプーキー“Boo!”パレード」

対する、東京ディズニーランドでは、昨年に続き、ハロウィーン限定の「スプーキー“Boo!”パレード」を実施しています。

東京ディズニーシーのショーとはガラリ!と変わり、カラフルでゆかいなフロートがパークを一周します。

ゴーストたちとディズニーの仲間たちによる奇妙で盛大なハロウィーンパレードは、マックスのフロートからスタート。


ミッキーマウスのフロートは3番目に登場

パレードの途中では、ディズニーの仲間たちがゴーストたちの魔法にかけられて…。

ミニーマウスもこんな姿に!

「スプーキー“Boo!”パレード」では、途中何回か止まり、ゲストとキャストが一緒に踊って、参加するシーンも。

憎めない感じのゴーストたちも見逃せません。

ディズニーの仲間たちと一緒に踊れば、立派なゴーストの仲間入りです(笑)

パークごとに個性が光るパレードやショーは、ディズニーマニアでなくても楽しめること間違いなし!

ハロウィーン気分を味わえるエンターテインメントは必見です。