ポスト・マローン、4連覇! ステージ上での“ある表情”がネットで話題に!

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『SAISON CARD TOKIO HOT 100』(ナビゲーター:クリス・ペプラー)。J-WAVE全番組のオンエア、番組サイトのVOTEボタンから寄せられたリスナーズポイント、都内主要CDショップのセールデータ、各音楽配信サブスクリプションサービスのストリーミング回数に基づくランキングデータ、以上4つのデータをもとにポイント計算。世界の音楽シーンからJ-WAVEが厳選した100曲をカウントダウン。ここでは10月6日(日)付のチャートを紹介!

■10月6日付チャート
10位:Maroon 5『Memories』
この曲は、ヨハン・パッヘルベルの『カノン』のコード進行を使用している。ちなみに、『カノン』は著作権が消滅したパブリックドメインの曲であるため、今回の使用で訴えられることはないそうだ。そして現在、Maroon 5とAppleの連動施策がスタート! iPhoneなどのフォトライブラリーに保存してある写真やビデオを自動的にピックアップしてスライドショー形式にまとめてくれる「メモリー」という機能で、この曲を期間限定でBGMとして楽しめるそうだ。この連動施策に合わせてApple Musicでは、Maroon 5のメンバーそれぞれが思い出の写真を提供して「メモリー」機能を使って作られたエクスクルーシブなミュージックビデオが公開されている。

9位:CHEMISTRY『Angel』
10月6日のオンエアでは、CHEMISTRYのふたりが8年ぶりにゲストで登場! クリスは「あまり変わってないんだよね。老けていない」と感想を述べていた。CHEMISTRYは現在、全国ツアーを開催中。ツアーファイナルは、12月24日(火)の東京・Bunkamuraオーチャードホールとなっている。

8位:Kuro『PORTLAND』
バンド・TAMTAMのボーカルであるKuroの初ソロアルバム『JUST SAYING HI』からの1曲。Kuroの好きな色を訊いてみたところ、「黒」と回答。なお、『JUST SAYING HI』のリリースパーティーが決定しており、11月24日(日)にEBISU BATICAで開催される。

Kuro

7位:Little Glee Monster『ECHO』
「ラグビーワールドカップ2019™日本大会」のNHK番組テーマソング。ラグビー日本代表は10月5日にサモア代表と対戦し、38対19で勝利した。日本は勝ち点5を獲得し、3戦全勝で合計勝ち点は14となった。史上初の決勝トーナメント進出に大きく近づいた。

6位:Camila Cabello『Liar』
誰がどう見てもショーン・メンデスと熱愛中なのにノーコメントを貫いてきたCamila Cabelloだが、ついに会見を開いて交際を認めた。Camilaは10月3日に出演したイギリスのラジオ番組で「私たちはとても幸せ。彼のことをとても愛しているわ」と告白し、10月4日付のイギリスの新聞「The Sun」に掲載されたインタビューでは、「4年前に初めて共演したときからショーンのことが気になっていた。彼の溢れるような優しさが大好き」と語っていた。一方のショーンも、ファンとのQ&Aセッションで「片思いの恋をしたことはありますか? そのときどうしましたか?」と訊かれ、「Camilaとのことを話すと長くなっちゃうからやめとくけど、相手のことが本当に好きなら諦めずに努力すべき。時間は掛かるけど、心から愛していればきっと振り向いてくれるはずだよ。彼女は別の男性と付き合っていた。それでも諦めずにアプローチした」と答え、まるで申し合わせたようにお互いのことを語り始めている。

5位:あいみょん『空の青さを知る人よ』
現在、この曲のミュージックビデオが公開中。撮影は茨城県のスケートパークなどさまざまな場所で行われた。あいみょんのシンガーソングライターとしての原点である路上に立ち返り、路上でギターを弾きながら歌うあいみょんがモノクロからカラーへ変わる鮮やかな映像で描かれている。10月11日(金)からは、史上最大規模の全国ツアー「AIMYON TOUR 2019-SIXTH SENSE STORY-」もスタートする。あいみょんは、次回10月13日(日)のオンエアにゲストで登場予定だ。

4位:TENDRE『VARIETY』
10月6日のオンエアでは、TENDREがゲストに登場。TENDREは、2nd EP『IN SIGHT』を引っさげて10月13日(日)から全国6都市で行われるワンマンツアーがスタートする。全公演のソールドアウトを受けて、東京・大阪の追加公演も決定。東京は11月18日(月)に恵比寿・LIQUIDROOMで行われる。

TENDRE

3位:Official髭男dism『イエスタデイ』
映画『HELLO WORLD』の主題歌として書き下ろされたナンバー。10月9日(水)には、メジャー1stアルバム『Traveler』をリリースする。アルバムには、藤原 聡(Vo/Pf)が作った楽曲を中心に、楢崎 誠(Ba/Sax)が初めて作詞・作曲にチャレンジした『旅は道連れ』という楽曲も収録されている。この曲は現在放送中の車のテレビCMソングにも使われている。なお、楢崎はバンドが車で移動する際の運転担当だったとか。

Official髭男dism

2位:Ariana Grande, Miley Cyrus, Lana Del Rey『Don't Call Me Angel(Charlie's Angels)』
11月に全米で公開されるリブート版映画『チャーリーズ・エンジェル』のテーマ曲だ。俳優のリアム・ヘムズワースとの離婚手続きを進めているマイリー・サイラスは、その反動でブロガーのケイトリン・カーターという女性と付き合い、人目をはばからずにイチャイチャしていたものの、一緒に住み始めて1ヶ月で破局。関係者によると、マイリーは長い間リアムとの関係に全力を注いでいたが上手くいかず精神的にすり減ってしまったのに、ケイトリンにべっとりでまた同じような関係になっているのに気付いたから、というのが別れた理由なのだとか。そして「今度は軽い付き合いにするわ」と、4歳年下のシンガー、コーディー・シンプソンと新たな交際をスタート。相変わらずの熱愛ぶりを見せているが、マイリーは「真剣な交際ではなく、あくまで友だち同士」と語っている。

1位:Post Malone『Circles』
4連覇で今年の最高連覇記録に並んだ。ポスト・マローンは、ある1枚の写真が話題になっている。ステージ上にいるポスト・マローンに向かって自分のシャツを捲り上げ胸をポロリしているブロンド女性の後ろ姿と、それを見てマンガのように口をあんぐり開けているポスト・マローンが写っている写真だ。この驚いた表情がウケて、ネットで拡散中だ。

■今週のトップ10
1位:Post Malone『Circles』
2位:Ariana Grande,Miley Cyrus,Lana Del Rey『Don't Call Me Angel(Charlie's Angels)』
3位:Official髭男dism『イエスタデイ』
4位:TENDRE『VARIETY』
5位:あいみょん『空の青さを知る人よ』
6位:Camila Cabello『Liar』
7位:Little Glee Monster『ECHO』
8位:Kuro『PORTLAND』
9位:CHEMISTRY『Angel』
10位:Maroon 5『Memories』

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『SAISON CARD TOKIO HOT 100』
放送日時:毎週日曜 13時-16時54分
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/tokiohot100/