「レ・ミゼラブル」の屋比久知奈を、中井智彦が絶賛! 「吸収しようとするエネルギーがある」

©株式会社J-WAVE

J-WAVEの番組『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』(ナビゲーター:中井智彦)。10月4日(金)のオンエアでは、ゲストに女優・歌手の屋比久知奈が登場。吹き替えと主題歌を担当したディズニー映画『モアナと伝説の海』や、中井と共演した『レ・ミゼラブル』について語った。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月11日28時59分まで)

■モアナとの共通点

屋比久は、1994年・沖縄県出身。高校時代にアメリカ留学を経験し、琉球大学で英語文化を専攻。大学在学中の2016年にミュージカル・ワークショップ「集まれ!ミュージカルのど自慢」への出場をきっかけにスカウトされた。その後、ディズニー史上最大規模のオーディションを突破して、2017年にディズニー映画『モアナと伝説の海』のヒロイン・モアナ役と主題歌『どこまでも ~How Far I'll Go~』を担当して、デビューを果たした。

中井:可愛さの中に強さを秘めた歌ですよね。挑戦してみて、いかがでしたか?
屋比久:モアナ自体が、私にすごく似ているなと思いました。私も沖縄から東京に出る時期だったから。外の世界に憧れるモアナの気持ちに共感できたので、歌をどう自分の中で作ろうって考えなくても「自然と湧き出る気持ちで歌ったほうがいいんじゃないかな」と、素直な気持ちで歌える曲だったなと思います。

【radikoで聴く】屋比久知奈『どこまでも ~How Far I'll Go~』

■トリプルキャストの面白さ

2019年には、ミュージカル『レ・ミゼラブル』で中井と共演。屋比久はエポニーヌ役を演じ、初のロングラン公演を経験した。

屋比久:長かったし短かったし、長かった(笑)。すごく不思議な感覚でした。稽古から考えると「すごく長かったな」と思うんですけど、実際に公演がはじまってからは、あっという間だったなという感覚です。
中井:稽古のときが一番いろいろと考える時間があるからね。特にエポニーヌは、マリウスとの気持ちの変化とか、芝居的なところもすごく面白いじゃないですか。
屋比久:トリプルキャストが初めてだったので「どう変わるんだろう」というところも、私の中で未知の世界でした。経験された方が「やる人によって全然違うよ」「舞台上の空気感が変わる」とおしゃっていて、最初はピンときてなかったんですけど、実際に稽古をしていくうちに「こういうことなんだ」と、自分の肌で体感して、面白いなと思いましたね。
中井:屋比久さんをみていて、オープンに開いている稽古スタイルだなと思いました。吸収しようとするエネルギーがある。屋比久さんがいろいろなものを吸収して出来上がったエポニーヌなのかなと、見ていて思いました。
屋比久:何もわからない状態だったので、吸収してやるしかないと思いました。ぶつかる覚悟で毎日稽古に通っていました。
中井:その熱意を感じました。

【radikoで聴く】屋比久知奈『Creep』

【radikoで聴く】屋比久知奈『Live Your Story ~私だけの物語(ストーリー)』

次回10月11日(金)のオンエアにも、引き続き屋比久が登場! 出演が決定しているミュージカル『天使にラブ・ソングを ~シスター・アクト~』や『ミス・サイゴン』について語る予定だ。ぜひ続けて聴いてほしい。

『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』では、中井がゲストを迎えて、ミュージカルの話や作品の解説など、さまざまな形でミュージカルの魅力をお届けする。放送は毎週金曜の22時30分から。お楽しみに!

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STAGE PIA WE/LIVE/MUSICAL』
放送日時:毎週金曜 22時30分-23時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/musical/