八嶋智人がめがねを封印して20年後のノリスケさんに!「ちょいとノリの良い感じには親近感」

©株式会社東京ニュース通信社

11月24日に、天海祐希主演で“日本一有名な家族”であるサザエさん一家の20年後をオリジナルストーリーで描くフジテレビ系スペシャルドラマ「磯野家の人々~20年後のサザエさん~」(午後8:00)で、八嶋智人が20年後の波野ノリスケを演じることが決定した。

同作は今年10月にアニメ放送50周年を迎えた「サザエさん」のスペシャル企画としてサザエさん一家の20年後を描くもの。いつも明るく笑い声の絶えなかった磯野家だったが、20年がたち家族一堂が会する機会を持つことも難しくなっていた。そこで、お互いを思い合うあまり、すれ違ってしまっている家族の仲を修復しようと、サザエが奔走。町内の盆踊り大会に久々に家族全員で行こうと計画を立てる。

そんな「磯野家の人々」で、八嶋が演じる20年後のノリスケは、編集部から人事部へとまさかの異動。しかし、伊佐坂難物の編集担当だけは続けており、その理由を「伊佐坂先生は僕じゃないと原稿を渡さない」とうそぶいているが、ちょっぴり切ない理由もあるという設定。企画・プロデュースの渡辺恒也氏は八嶋へのオファーを「ノリスケさんのちゃっかり者感が普段の八嶋さんのキャラとかぶるところが非常にあって(笑)、ノリの良さの中にちょっぴりシリアスをのぞかせる、八嶋さんならではのノリスケさん像に期待しました」と明かした。

その八嶋は「歴史あるサザエさんの登場人物になることができるのかとワクワクしました。ノリスケさんのちょいとノリの良い感じには親近感があったのでうれしかったです。ただ眼鏡をかけてないので、どうか僕を見逃さないでください」と視聴者に訴えた。見どころについては「時がたち、それぞれの人生を歩むサザエさん一家が、もう一度、家族の絆を思う今回の物語。ノリスケさんは少し外野から、そんなみんなを見つめる。それは視聴者の皆さんと同じ目線です。どうかノリ良く見守って、見終わったら自分の家族のことを改めて見つめてくださいね」と話している。