巨人の長嶋元監督「言葉失った」

金田正一さんの訃報に

©一般社団法人共同通信社

2014年7月、巨人―中日戦の試合前に行われた“1打席対決”を終え、笑顔の長嶋茂雄氏(左)と金田正一氏=東京ドーム

 プロ野球国鉄(現ヤクルト)、巨人で前人未到の通算400勝を達成し、ロッテでも監督を務めた金田正一さんが6日に86歳で死去したことを受け、巨人の長嶋茂雄元監督(83)は7日、球団を通じて「突然の訃報に言葉を失った。ショックが大き過ぎる。元気の塊のようだった人にも、こういう結末があったのか。金田さんのような投手は、これから出てくるだろうか。400勝投手は永遠ではないか、と思っている」とコメントした。

 ロッテは千葉市のZOZOマリンスタジアムで半旗を掲げて秋季練習を行い、井口資仁監督(44)が「遺志を継いで、来年優勝したい」と決意を新たにしていた。