収賄容疑で巡査長逮捕「府民、被害者に申し訳ない」 京都府警本部長が謝罪

©株式会社京都新聞社

京都府警本部(京都市上京区)

 強盗事件の容疑者に捜査情報を漏らす見返りに現金200万円を受け取ったとして、東山署の男性巡査長が収賄容疑で逮捕された事件を受け、京都府警の植田秀人本部長は7日、報道各社の取材に「府民、被害者の方に申し訳ないと思う」と謝罪した。
 府警は昨年10月以降の1年間で、強制わいせつ致傷や詐欺などの疑いで府警の現役警察官5人を逮捕している。植田本部長は、重大な不祥事が相次ぐ状況について「もってのほか。それぞれの事案に応じた再発防止策を取っていく」と述べた。