整骨院で施術中、小5女児の下半身触る 柔道整復師を逮捕

©株式会社神奈川新聞社

 整骨院で施術中に女子児童の下半身を触るなどしたとして、県警捜査1課と海老名署は7日、強制わいせつの疑いで、海老名市門沢橋2丁目、柔道整復師の男(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年12月3日午後4時10分~同5時40分ごろ、自身が経営する同市内の整骨院で、足のけがの治療のために訪れた市内に住む小学5年の女子児童(11)に施術している最中に下半身を触るなどした、としている。容疑を認めているという。

 同課によると、女子児童の母親が被害に気付き、今年7月11日に署に相談したという。