ディーン・フジオカが岸井ゆきのに「物足りなくない?」「モンテ・クリスト伯」以来共演

©株式会社東京ニュース通信社

フジテレビ系で10月14日放送の連続ドラマ「シャーロック」(月曜午後9:00)第2話に、岸井ゆきと三浦透子が出演する。

同作はアーサー・コナン・ドイルの有名小説を現代の東京を舞台にドラマ化したもので、犯罪捜査専門コンサルタントの誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と精神科医の若宮潤一(岩田剛典)による最強バディが難題に挑む。第2話では、15年ぶりに“月9”出演を果たす菅野美穂が敏腕弁護士・青木藍子役で登場し、ある女性の死を巡り、獅子雄と藍子による白熱の心理戦が展開される。そんな藍子が所長を務める「ダーリントン法律事務所」の事務アルバイト・河本美沙を岸井、かつて藍子のクライアントだった山下佐和子を三浦が演じる。

「モンテ・クリスト伯」(2018年/同系)以来の共演となるディーンや当時のスタッフと久々に再会した岸井は「なんだか懐かしい気持ちで撮影することができました」と喜びを表現。さらに「モンテ・クリスト伯」で鼻血をだし、泡を吹いて気絶するという強烈な演技を披露した岸井に対し、ディーンが「今作の演技は物足りなくない?」とジョークを交えて話しかけたことを明かした。今作の出演にあたり岸井は「人を守ろうとする思い、法律、犯罪…。いろいろなものが混ざり合った面白いストーリーになっています」と話し、「獅子雄の手品のような仕草がとてもすてきなので、そのあたりにも注目いただきながら物語を楽しんでいただきたいです」とアピール。

一方、三浦は「私が演じた山下佐和子は、突然の運命に翻弄(ほんろう)されながらも真剣に人生の変化と向き合おうとする女性です。どんな世界観のドラマに仕上がっているのか想像ができません。完成をとても楽しみにしています」と期待している。