目指すは“ベストオブ割烹着”! 井上真央が寅次郎の母を熱演!!

©株式会社東京ニュース通信社

NHK総合で10月19日にスタートする連続ドラマ「少年寅次郎」(土曜午後9:00、全5回)の試写会が行われ、主演の井上真央、共演の毎熊克哉、泉澤祐希、岸井ゆきの、藤原颯音が出席した。国民的映画「男はつらいよ」の主人公・車寅次郎の少年時代を描くもので、寅次郎の育ての母・光子を演じた井上は「初めて見た映画が『男がつらいよ』で、今年はシリーズ50周年でもあり、こういう形で携われるとは思ってもいなかったので、とてもうれしいです」と出演の喜びを明かした。

ドラマは映画の山田洋次監督の小説「悪童 寅次郎の告白」を原作に、寅次郎の母・光子を主人公に、寅次郎出生の秘密から、戦争をはさんだ悪ガキ時代、そして最愛の妹・さくらに見送られて葛飾柴又の駅から14歳で旅立ち、“フーテンの寅”が誕生するまでを描くもの。割烹着姿で寅次郎に愛情を注ぐ光子役の井上は「子役の寅ちゃんも本当にかわいくて、撮影を重ねるごとにどんどん顔も似てきて、私もいち寅さんファンとして楽しめたし、挑めました。寅さんファンも、映画になじみのない世代も笑って泣いて楽しめる作品になっていると思います。私もこの作品で“ベストオブ割烹着”を目指しています」と見どころをアピール。

制作統括の小松昌代氏は、ドラマ化するに当たり山田監督から快諾してもらえたものの監督から「子役がいるかね?」と言われたことを明かし、「お許しをいただき小躍りしたものの、大きな宿題を抱えました」と寅次郎の子役探しが課題だったことを告白。そして、寅次郎の幼少期を演じた藤原を見つけ出し、「令和の時代によくいてくれた!」とドラマの成功を確信したことを訴えた。

寅次郎に冷たく当たる父・平造役の毎熊も「実は寅(藤原)とは話もしないで過ごそうと心に決めていたのですが、寅が『お父ちゃん!』と後ろをついてくるんですよ。楽屋までずっとついてきて、それで諦めようと思いました。結局、学校のこととかいろんな話をして、本当のおやじになった気持ちになりました」と藤原のかわいさにほだされてしまったことを語っていた。