JR石北本線に乗ってトクしよう! 北海道・北見オクトーバーフェスト2019

©一般社団法人日本ビアジャーナリスト協会

10月16日(水)~19日(土)、北海道北見市で「北見オクトーバーフェスト2019」が開催されます。

「北見オクトーバーフェスト」は1994年の「地ビール解禁」の年に第1回が開催。中断することなく継続開催されて今年で実に25回目の開催となる歴史の長いオクトーバーフェストです。全国各地にオクトーバーフェストは数多くありますが、その中でも屈指の歴史を誇ります。

地元のオホーツクビール(北見市)・網走ビール(網走市)をはじめとして、全国から25社のクラフトビールが集まります。さまざまなクラフトビールを集めて飲むビアフェスとしては「日本の最東端」で行われているといえるでしょう。

その分、遠隔地の開催であることも事実です。そこで北見市観光協会が、JR北海道を利用するとおトクとなる企画を実施します。札幌・旭川方面からJR列車を使って北見まで行けば、北見市観光協会がイベントの当日券(ビール5杯分チケット付き)をプレゼントします。

このチラシを配布場所で貰って下さい
同じチラシの裏側です

北見市観光協会の大西基さんによれば「地元の公共交通機関であるJRを活用していただきたい思いもあります。途中、大雪・北見山系の紅葉や、遠軽駅での北海道唯一のスイッチバックなども体験してください」とのことです。

広い北海道ですから、特急を利用しても札幌から旭川経由で約5時間かかります(旭川からは約3時間半)が、新幹線以外ではなかなか体験できなくなった、鉄道の長旅もまた魅力的です。なにしろビールを飲みながら旅できますから!

でもひとつだけ大事な注意。現在、JR北海道では車内販売がなくなってしまいました。車中のビールは列車に乗る前に調達してくださいね!

また同じチラシを使って、北見ハッカ記念館で和種ハッカを使用したアロマクリームづくりが体験ができます。こちらの特典はオクトーバーフェスト終了後の12月27日まで有効です。

日本でのビアライゼ(ビール旅行)は地方のブルワリーへ行くほど難易度が増していきます。遠隔地への公共交通機関が縮小されているからです。旅行者が地元の交通機関を積極的に活用できるこうした試みが他にも増えていくことを期待します。

◆交換方法

北見駅着の乗車券を写真にお撮りの上、配布されているチラシと一緒に乗車券の写真をお見せください。チラシ1枚につき1名様有効です。

◆チラシ配布場所

◆当日チケットとの交換場所

北見市観光協会(JR北見駅徒歩1分)

http://www.kitamikanko.jp/index.html

「北見オクトーバーフェスト2019」インフォメーション

日程:令和元年10月16日(水)~19日(土)

会場:コミュニティプラザパラボまちきた大通りビル5階

(北海道北見市大通西2丁目1番地)

料金:前売券2,000円/綴り券6枚、当日券2,000円/綴り券5枚

アクセス:JR北海道 北見駅 徒歩2分

お問い合わせ先:北見市観光協会 電話/0157-32-9900

公式ページ:http://www.kitamikanko.jp/event/event13.html

昨年(2018年)の北見オクトーバーフェストの様子

北見市役所庁舎も入る駅前ビル「パラボ」の5階で開催されます。