「タクシーを呼ぶアプリ」を比較! 迎車料金がかからないのは…

©株式会社J-WAVE

J-WAVEで放送中の番組『STEP ONE』(ナビゲーター:サッシャ・増井なぎさ)のワンコーナー「LIFE IN SMART」。知らなかったスマホの機能、実用的なアクセサリーやアプリまで、スマホ周りのお役立ち情報を紹介。10月8日(水)のオンエアでは、便利な「タクシー配車アプリ」に注目した。

【この記事の放送回をradikoで聴く】(2019年10月15日28時59分まで)

■状況や目的地に合わせて使い分け

ここ最近、タクシー配車アプリの競争が激化している。かなりの数のタクシー配車アプリが登場し、アプリ選びに悩む方も多いのでは? 普段からタクシーを利用するサッシャは、数あるタクシー配車アプリの中から「フルクル」「JapanTaxi」「S.RIDE」「DiDi」「MOV」をおすすめする。

上記アプリの特徴は、複数のタクシー会社が使用しているため、利便性が高いということ。なかでも、「フルクル」は迎車料金がかからないのがポイントだ。

サッシャ:ユーザーが「ここにいるよ」とスマホを振ると、タクシーが来てくれます。ただし、途中で他の人を乗せてしまうと来ない場合もあります。迎車料金がかからない代わりに、絶対に来る保証もない、ゆるいサービスです(※)。

※「フルクル」公式では、タクシー配車アプリではなく、タクシーとお客さまをつなぐ「マッチングアプリ」と説明している。

「フルクル」以外のアプリは迎車料金がかかるものの、呼べば確実にタクシーが来てくれるサービスとなっている。

■タクシー配車アプリの使い勝手は?

タクシー配車アプリのメリットは、事前精算ができ、降りるときに支払う必要がないこと。増井が「フルクル」「DiDi」「S.RIDE」のアプリを実際に試し、その感想を紹介した。

・フルクル

六本木通りで「フルクル」アプリを開くと、近くに2台ほどタクシーがいることが確認できた。スマホを振ると4台ほど集まり、わずか1分30秒で迎えに来た。増井は「雨の日ですけど早かったです。雨宿りしながら振って、近くに来たなと思ったら傘をさして出ていけばいい」と便利さを実感。サッシャは急いでいないときは「フルクル」を利用するなど、使い分けているそうだ。

・DiDi

中国発のタクシー配車アプリ「DiDi」。たとえば行き先を「渋谷駅」と入力して「一般を呼ぶ」をタップすると、タクシードライバーから「向かっています」とメッセージが表示される。ユーザーは「乗車地点でお待ちしています」とメッセージを返すことができる。アプリ上では「到着まで何分」「間もなく到着します」といったメッセージが表示され、タクシーの到着時間をすぐに把握することができる。また、「DiDi」はクーポンも充実しているのもポイントだ。

・S.RIDE

東京最大級のタクシー配車アプリ「S.RIDE」は、目的地が確定すると運賃の見積もりが表示される。2分ほどでタクシーが決定し、乗務員とメッセージのやり取りができる。乗車位置がわからなくなった場合は、メッセージで目印となる場所を乗務員に知らせることも可能だ。

そのほか「JapanTaxi」は、東京だけでなく全国をフォローしているので、地方でも使用可能。サッシャいわく「羽田空港に行きたいときはUberが安いときがある」そうなので、行き先や目的、状況に合わせて使い分けるのがよさそうだ。今回紹介したアプリをぜひ試してみてはいかがだろうか。

J-WAVE『STEP ONE』のワンコーナー「LIFE IN SMART」では、知らなかったスマホの機能から実用的なアクセサリーやアプリまでスマホ周りのお役立ち情報をシェアする。放送は月曜~木曜の11時20分頃から。お楽しみに。

【この記事の放送回をradikoで聴く】
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:『STEP ONE』

放送日時:月・火・水・木曜 9時-13時
オフィシャルサイト:https://www.j-wave.co.jp/original/stepone/