『ロッキー4』のタッグ復活!シルヴェスター・スタローン&ドルフ・ラングレンのアクションドラマが製作決定

©株式会社WOWOW

映画『ロッキー4/炎の友情』で敵対する役で共演したシルヴェスター・スタローンとドルフ・ラングレンが再び顔を合わせる、米CBSの新作アクションドラマ『The International(原題)』。そのパイロット版製作が発表された。米Varietyが報じている。

『The International』でドルフが演じるのは、UN(国際連合)のために極秘任務を請け負い、交渉人としても国際的なスパイとしても活躍するアンダース・ソト。担当するのは、世界で最も繊細かつ複雑な問題という役どころだ。一方のシルヴェスターは、出演はせずパイロット版でメガホンを取るほか、脚本を手掛けるケン・サンゼル(『NUMB3RS ナンバーズ ~天才数学者の事件ファイル』)、ブレイデン・アフターグッド(『ブルー・ダイヤモンド』)、トニー・クランツ(『24 -TWENTY FOUR-』)、クレイグ・ボームガーテン(『ユニバーサル・ソルジャー』シリーズ)とともに製作総指揮も担う。ドルフもプロデューサーに名を連ねる。

シルヴェスターとドルフは『ロッキー4』だけでなく、『ロッキー』シリーズのリブートとなる『クリード』シリーズの第2作『クリード 炎の宿敵』でも共演し、それぞれロッキー・バルボア、イワン・ドラゴとして続投していた。またシルヴェスターが監督・脚本・出演したアクションスター大集結のアクション映画『エクスペンダブルズ』シリーズでも二人はタッグを組むなど、長年にわたり息の合ったところを見せている。

今年73歳になったシルヴェスターは、近年ではマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』やアクション映画『大脱出』シリーズで健在ぶりを見せつけていた。対して61歳のドルフは、米CWのDCヒーロードラマ『ARROW/アロー』でロシアのマフィア、コンスタンティン・コヴァールを演じたほか、DC映画『アクアマン』にも出演し、アクション作品を中心に活躍している。

シルヴェスターとドルフが再タッグを組む『The International』。シリーズ化が決定した際には、続報をお伝えしたい。(海外ドラマNAVI)

Photo: