関電会長が辞任 社長も調査後に辞任へ

©株式会社 サンテレビジョン

関西電力は高浜原発がある福井県高浜町の元助役から、役員らが多額の金品を受け取っていた問題で会見を開き、9日付で八木会長が辞任、岩根社長も調査結果が出た段階で辞任することを明らかにしました。

(左から)辞任する八木会長と岩根社長

この問題を巡っては、関西電力から原子力発電所関連の工事を受注していた福井県高浜町の建設会社「吉田開発」が、高浜町の森山栄治元助役に3億円を提供。

さらに森山元助役から関電の八木誠会長や岩根茂樹社長ら20人が、合わせて3億円を超える金品を受け取っていたことが分かっています。

859万円相当を受け取っていた八木会長と150万円相当を受け取っていた岩根社長は、いずれも当初続投に意欲を示していましたが、顧客や社会の声を真摯に受け止め経営責任を明らかにするため辞任を決めたということです。

八木会長は9日付での辞任となりますが、岩根社長は9日設置した社外の弁護士でつくる第三者委員会の調査結果が出る段階で辞任する方向で、それまで事態収拾に当たるとともに信頼回復を目指すとしています。

関電が設置した第三者委員会は午後7時から会見を開く予定です。