恭王府博物館所蔵の民間刺繍芸術品展「彩縷繍吉祥」、東京で始まる

©新華社

恭王府博物館所蔵の民間刺繍芸術品展「彩縷繍吉祥」、東京で始まる

 【新華社東京10月9日】東京の中国文化センターで8日、北京市にある恭王府博物館所蔵の民間刺繍芸術品の展示会「彩縷繍吉祥」が始まった。

 同展では、恭王府博物館が所蔵する近代の民間刺繍作品100点余りが展示されている。展示作品は日用品や衣服がメインで、洗練された刺繍の技術やさまざまなステッチから、民間刺繍職人の優れた知恵と技術を存分にうかがい知ることができる。

 これら作品は数十年かけて収集され、現在ではなかなか目にすることができない貴重な作品も含まれている。また、江蘇省蘇州市の刺繍技術「蘇繍」の技法を伝える際に使う教材も展示されている。(記者/梁賽玉、鄧敏)