ラグビーW杯・ウルグアイ代表「良い調整」 熊本で練習公開

©株式会社熊本日日新聞社

ウェールズ戦に向けて練習に励むウルグアイ代表の選手たち=9日

 ラグビーワールドカップ(W杯)に出場しているウルグアイ代表が9日、熊本県内で練習を行い、えがお健康スタジアムで4日後にあるウェールズとの1次リーグD組最終戦に向けて汗を流した。

 ウルグアイは世界ランキングで上回るフィジーとの初戦に勝利したが、ジョージアとオーストラリアに連敗。1次リーグ敗退が決まっている。

 チームは7日に大分から熊本入りし、この日は練習の冒頭15分間を公開。フアンマヌエル・ガミナラ主将らがリラックスした様子でストレッチをしたり、2人一組になって激しく体をぶつけ合ったりした。

 グスマン・バレイロアシスタントコーチは「熊本に来たばかりだが、ここまで良い調整ができている。高いレベルの試合を見せられるだろう」と話した。ウェールズ戦は13日午後5時15分開始。(河北英之)

(2019年10月10日付 熊本日日新聞朝刊掲載)