そごう・西武/岡崎、大津、西神、徳島、川口店の閉店発表

©株式会社流通ニュース

セブン&アイ・ホールディングスは10月10日、そごう・西武の事業構造改革を発表し、5店の店舗閉鎖と2店の減積を発表した。

<セブン&アイHD本社>

2020年8月に、西武岡崎店、西武大津店、そごう西神店、そごう徳島店を閉店、2021年2月に、そごう川口店を閉店する。2021年2月に、西武秋田店、西武福井店で、店舗面積の減積を行う。

人員政策では、2022年度末の従業員数を、2018年度末に対し、労使協議のうえ自然減も含めて、約1300人減の適正化を行う。

売場政策では、基幹店はプロパティマネジメント導入に加え、成長領域(コスメ、ラグジュアリー、食品など)を更に強化。郊外店はプロパティマネジメントの強化を実施する。