『尾崎豊を探して』劇場予告映像と新場面写真公開! 「毎日のように死にたいと思っていた」

©有限会社ルーフトップ

『尾崎豊を探して』この映画はあなた自身を探す旅になるかもしれない。

人がつくりあげたルールの中で生きていく苦悩を歌に託し、優しさとは何か、愛するとは何かを求め続け、わずか26歳の若さで夭折した尾崎豊。『卒業』『I LOVE YOU』『シェリー』『15の夜』、いまもって宝石のような輝きを放つ尾崎の歌は何を伝えようとしていたのか。新宿ルイードの初ライブにさかのぼり、地方公演、ニューヨーク、大阪球場、国立代々木競技場、そしてなにげない日常まで、400時間にも及ぶ映像記録から断片をひろい集め、糸をつむぐようにより合わせた「尾崎豊を探す旅」。映像作家・佐藤輝の執念に突き動かされた編集作業を経て、初めて陽の目を見るありのままの尾崎豊がここにいる。いまを生きるすべての若者と、同時代を生きてきた永遠の青春に捧げる感動のオマージュ。

この度、公開日の決定と合わせて、劇場予告映像と新場面写真が到着した。劇場予告映像冒頭では「自由じゃなけりゃ、意味がねぇんだよ! お前ら本当に自由か?」と叫びながら自由について問いかける情熱的なライブシーンが映し出される一方で、「自分が嫌いになった。嫌で嫌でたまらなかった。毎日のように死にたいと思っていた。」と、頬に涙をつたわせながら独白をするもう一人の尾崎の姿が。若者たちが陶酔し、日本中を大熱狂させた尾崎豊の溢れ出すカリスマ性を佐藤輝監督自ら30秒に凝縮したインパクト大な劇場予告の誕生だ。

さらに、本作の公開を記念して、オリジナルチケットホルダー特典付きムビチケカードが10月18日(金)より発売されることが決定。今回は、一般券と合わせてお得な2枚一組のペア券発売も決定。親子や夫婦で見るもよし、ファン同士で見るもよし、一般券と異なるライブ時の尾崎豊のビジュアルのペア券だ。また、特典のオリジナルチケットホルダーは、ムビチケカード1枚につき1点プレゼント。数量限定の超レアなアイテムとなる。