U-22プログラミング・コンテスト、16作品が最終審査会へ

©株式会社イード

U-22プログラミング・コンテスト2019

コンピュータソフトウェア協会は2019年10月10日、22歳以下を対象とした「U-22プログラミング・コンテスト2019」において、10月20日に行われる最終審査会へ進む16作品を発表した。

U-22プログラミング・コンテストは、国内のIT人材発掘・育成を目的としたプログラミングコンテスト。1980年に経済産業省主催でスタートし、2014年より民間へ移行している。2019年は全406作品のうち、事前審査を通過した40作品について一次審査を実施し、最終審査へ進む16作品を選出し入選が決定した。

1次審査通過作品は、日本工学院八王子専門学校のチーム「team01」による「Satellite Traveler」、HAL大阪のチーム「なまこラーメン」による「ボコセル」、明治大学の瀬戸徳さんによる「地下楼 The First Contact Demo」、東海大学の大門巧さんによる「ブラウザ上で動作するDNCL処理系『Tetra』」など。中学生1作品、高校生2作品、専門学校生7作品、大学生5作品、インターナショナルアカデミー1作品の計16作品が最終審査会へ進む。

最終審査会は、10月20日に秋葉原コンベンションホールで開催。制作者本人がプレゼンテーションを実施し、経済産業大臣賞をはじめとする各賞が決定する。なお、最終審査会は一般聴講が可能なほか、ニコニコ生放送を予定している。

最終審査会と同会場隣ホールでは、CSAJプログラミング教育委員会との合同企画「Programmer’s Day~参加費無料のプログラミング1日体験イベント~」を開催。まだプログラミングを学んだことのない小学生を対象としたワークショップや、プログラミング教育に興味・関心を持つ保護者・先生を対象としたパネルディスカッションなどを実施する。さらに、U-22と連携する全国小中学生プログラミング大会(JJPC)の最終選考作品の展示も予定している。各プログラムの事前登録は、Webサイトにて受け付けている。

◆U-22プログラミング・コンテスト2019 最終審査会

日時:2019年10月20日(日)11:50~18:30

会場:秋葉原コンベンションホール(JR「秋葉原」駅電気街口から徒歩1分)

◆Programmer’s Day~参加費無料のプログラミング1日体験イベント~

日時:2019年10月20日(日)11:00~18:30

会場:秋葉原コンベンションホール

申込方法:Webサイトにて事前登録する

桑田あや