W杯、NZ監督「正しい判断」

試合中止、イタリアは納得いかず

©一般社団法人共同通信社

記者会見するニュージーランドのスティーブ・ハンセン監督=10日、千葉県浦安市

 ラグビーのワールドカップ(W杯)日本大会で、台風19号の影響で1次リーグB組のイタリア戦が中止となったニュージーランドが10日、千葉県浦安市で記者会見し、スティーブ・ハンセン監督は「天気はコントロールできない。安全を第一に考えて正しい判断がなされた」と理解を示した。

 引き分け扱いで勝ち点2ずつを分け合い、準々決勝進出が決定した。

 勝てば8強進出の可能性があったイタリアは中止の判断に納得がいかない様子。愛知県豊田市内で会見したコナー・オシェイ監督は「世界王者との試合は数少ない機会で、次のステップに進むための試合でもあった」と無念さをにじませた。