ノーベル文学賞トカルチュクさん

ハントケさんも

©一般社団法人共同通信社

オルガ・トカルチュクさん(左)、ペーター・ハントケさん(右、AP=共同)

 【ストックホルム共同】スウェーデン・アカデミーは10日、2018年のノーベル文学賞をポーランドの女性作家オルガ・トカルチュクさん(57)、19年の同賞をオーストリアの作家・劇作家、ペーター・ハントケさん(76)に授与すると発表した。

 女性の受賞は、15年のベラルーシの作家スベトラーナ・アレクシエービッチさん以来で、通算15人目。選考主体である同アカデミーのスキャンダルにより18年の発表が見送られており、2年分をまとめて発表した。

 トカルチュクさんへの授賞理由として「博学な情熱を伴う想像力」、ハントケさんへは「経験の特殊性の表現」をそれぞれ挙げた。

2018と19年のノーベル文学賞授賞者発表式=10日、スウェーデンの首都ストックホルム(ロイター=共同)