巨6―0神(10日)

巨人が快勝

©一般社団法人共同通信社

5回巨人2死二塁、岡本が右前に適時打を放つ=東京ドーム

 巨人の投打がかみ合った。一回に併殺の間に1点を先行。四回にゲレーロの2ラン、五回には丸の犠飛と岡本の適時打、八回には若林の適時打と効果的に加点した。メルセデスは制球とテンポが良く7回3安打無失点。大竹とデラロサも無失点でつないだ。

 阪神は打線が三塁すら踏めず、六回以降は無安打。自慢の救援陣も失点して流れを失った。