西6―8ソ(10日)

ソフトバンクが逃げ切る

©一般社団法人共同通信社

6回、本塁打を放ちナインとタッチするソフトバンクのグラシアル=メットライフドーム

 ソフトバンクが序盤のリードを守って逃げ切った。一回に中村晃の適時打で先制し、二回に牧原の犠飛で1点、三回に中村晃の2ランなどで4点を加えた。7―4の六回はグラシアルが2試合連続となるソロを放ち、八回途中から森を投入して反撃をかわした。

 西武は今井が三回途中6失点の乱調。中盤以降必死に追い上げたが、序盤の失点が重すぎた。