秋季関東高校野球組み合わせ決定 常総、初戦は健大高崎 霞ケ浦は桐光学園

©株式会社茨城新聞社

群馬県で19日に開幕する第72回秋季関東高校野球の組み合わせ抽選会が10日に開かれ、対戦カードが決まった。茨城県1位の常総学院は高崎健康福祉大高崎(群馬3位)と、同2位の霞ケ浦は桐光学園(神奈川2位)と1回戦で戦う。

常総学院-高崎健康福祉大高崎は20日午後0時半から上毛新聞敷島球場、霞ケ浦-桐光学園は19日午前11時半から高崎市城南野球場で行われる。

常総学院は2年連続16度目の出場。対戦する高崎健康福祉大高崎は2年ぶり8度目の出場で、無得点で敗れた群馬県大会準決勝を除けば、4試合で36得点と攻撃力がある。常総学院はエース一條、最速150キロ右腕の菊地ら投手陣の活躍が鍵になる。

霞ケ浦は2年ぶり9度目の出場。対戦する桐光学園は2年ぶり6度目の出場で、エース左腕の安達を中心に神奈川県大会を勝ち上がった。慶応、横浜など強豪を相手に同県大会5試合で完投した安達を霞ケ浦打線が打ち崩せるかが勝敗のポイントになりそう。

大会は7県の15校(開催県の群馬は3校)が出場する。19、20日に1回戦、21日に準々決勝、26日に準決勝があり、決勝は27日午前10時から上毛新聞敷島球場で行われる。同大会での成績は来春の選抜高校野球大会の出場を決める参考資料となる。(矢幡佳那子)