巨人阿部が代打で“CS初安打” 背番号「10」の10月10日に快音“阿部の日動画”が反響!

©株式会社Creative2

巨人・阿部慎之助【写真:Getty Images】

阿部は8回1死から代打で登場し右前打を放ち、CS初安打をマーク

■巨人 6-0 阪神(CS・10日・東京ドーム)

 今季限りで現役を引退する巨人の阿部慎之助捕手が10日、阪神とのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ第2戦でCS初安打を放った。10月10日に背番号「10」が放った一打をスポーツ・チャンネル「DAZN(ダゾーン)」公式ツイッターが動画で公開し話題になっている。

 本拠地・東京ドームで誰もが待っていた背番号「10」。阿部の出番は5点リードの8回1死走者なし。代打で登場すると阪神・守屋が投じた内角141キロの変化球を右前に運んだ。

 9日の第1戦ではスタメン出場も3打数無安打で途中交代。待望の“初安打”にスタンド、ベンチは大盛り上がり。代走を送られベンチに戻ると球場全体から大歓声が送られた。(Full-Count編集部)