《台風19号》JR東日本は12日午前から順次運休 山手線、中央線も

©BuzzFeed Japan株式会社

台風19号の接近を受けて、JR東日本は10月12日〜13日にかけて在来線・新幹線で計画運休に入ることを決めた。

首都圏の在来線は、12日午前9時〜午後1時頃に順次運転を取りやめる。東北、北陸などの各新幹線も同日午後1時台に発車する列車が最終となる。

また 13日も「少なくとも昼頃までは運転を取りやめる予定」としている。

JR東日本は10日時点で、在来線の計画運休の可能性を公表。3連休を控え、ラグビーW杯の真っ只中でもあり、運休の早期発表に踏み切った。

現時点での詳細は以下の通り。

10 月 12 日の運転計画(在来線)

・終日運転見合わせ

湘南新宿ライン、上野東京ライン(上野~東京間)、久留里線

・午前9時頃から運転を取りやめる線区

伊東線

午前10時頃から運転を取りやめる線区

東海道線、横須賀線、京葉線、中央本線(高尾~小淵沢間)、相模線、総武本線(佐倉~銚子間)、

成田線(我孫子~成田間、成田~銚子間)、内房線(君津~安房鴨川間)、外房線(上総一ノ宮~安房鴨川間)、東金線、鹿島線

午前11時頃から運転を取りやめる線区

横浜線、青梅線(青梅~奥多摩間)、八高線

・午後12時頃から運転を取りやめる線区

京浜東北・根岸線、中央線(快速)、中央・総武線(各駅停車)、総武快速線、埼京線、川越線、宇都宮線、高崎線、武蔵野線、総武本線・成田線(千葉~成田空港間)、常磐線(快速)、常磐線(各駅停車)、常磐線(取手~水戸間)、青梅線(立川~青梅間)、内房線(千葉~君津間)、外房線(千葉~上総一ノ宮間)、烏山線、吾妻線

・午後1時頃から運転を取りやめる線区

山手線、南武線、鶴見線、五日市線、両毛線、上越線、信越線、常磐線(水戸~いわき間)、水戸線、水郡線、日光線

*なお、気象状況によっては、運転取りやめの開始時間を早める可能性もあるとしている。

(特急、新幹線を含めた詳しい運休情報はJR東日本の公式サイトへ)

東海〜関東直撃のおそれ

気象庁 11日午前9時の台風経路予想図。台風の中心が予報円に入る確率は70%。

気象庁予報部(11日午前9時45分発表)によると、大型で非常に強い台風19号は、父島の西約410キロを1時間に約25キロの速さで北北西へ進んでいる。

中心の気圧は925ヘクトパスカル中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。

中心の東側370キロ以内と西側280キロ以内では風速25メートル以上の暴風域になっている。

今後も非常に強い勢力を保ったまま、12日夕〜夜にかけて東海から関東に接近・上陸するおそれがある。11日午後から各地では雨や風が強まるとみられる。

気象庁 10日午後12時の台風経路予想図をもとにした気象庁の予報。台風の中心が予報円に入る確率は70%。

気象庁では、台風19号が西寄りのコースをとった場合について「台風の東側の地域では特に風が強まり、さらに次第に加速する状況。風による被害にとって最悪のコースとなる」と説明。

「自分の命、大切な人の命を守るため、早めの対策を」と警戒を呼びかけている。

気象庁 暴風被害の目安

今回の台風19号は、勢力・規模ともに大きいため、影響を受ける範囲も広くなるとみられる。このままの勢力で上陸した場合、9月に甚大な被害をもたらした台風15号を上回り、2019年最強クラスの台風となりそうだ。

気象庁では大雨、暴風、波浪、高潮とあらゆる危険への警戒を呼びかけている。

気象庁 暴風、大雨、波浪の警報級となる可能性のある期間。

台風15号の爪痕が残る千葉県をはじめ、被災地では特に警戒が必要だ。

気象庁では「暴風が吹き始めてからでは屋外での行動は命に危険が及ぶため、暴風・高波・高潮・大雨に備えて、はやめはやめの対策を」としている。

また、風雨が強まるタイミングは気象警報・注意報(https://www.jma.go.jp/jp/warn/)で確認するよう呼びかけている。