12日夜から13日未明に県内最接近 気象台の台風19号説明会

©株式会社北日本新聞社

関係者に向けて開かれた台風19号についての説明会=富山地方気象台

 富山地方気象台は11日、台風19号についての関係者向け説明会を開き、12日夜の初めごろから13日未明にかけて県内に最接近すると説明した。

 12日は次第に北東の風が強まり、同日午後から13日初めにかけて暴風となる見込み。最大風速は陸上20メートル、海上25メートルを予想している。

 台風の影響で雨も強まる見通し。12日昼前から激しく降り、同日夜の初めごろから13日初めにかけて猛烈な雨となりそう。山間部を中心に雨量が多くなり、12日正午までの24時間降水量は多い所で60ミリ、13日正午までには300~500ミリを予想している。

 同気象台は暴風や高波、土砂災害、低い土地の浸水などへの警戒とともに、最新の情報に注意するよう呼び掛けた。