日本代表、6ゴールで快勝 W杯アジア2次予選

©株式会社日刊現代

日本代表、6ゴールで快勝 W杯アジア2次予選

13 Photos

10月10日、埼玉スタジアム2002で、カタール・ワールドカップ・アジア次予選、モンゴル戦が行われ、日本が6ゴールを決め圧勝した。日本代表の最年少ゴールが期待された久保建英(マジョルカ)の出場機会はなかった。

ベンチスタートとなった久保建英

自国の試合を観戦したもと横綱朝青龍

代表戦には珍しく、観客席には空席も

前半決めきれなかった日本代表。しかし22分、南野が先制ゴール

さらに吉田がヘッドで押し込んで2点目

34分には長友が代表としては10年ぶりにゴール

大迫不在の中、存在感を発揮した永井もゴール

遠藤も嬉しい初ゴール

期待された久保建英の出場はなく、初ゴールは持ち越しに

鎌田も嬉しい代表初ゴール

終始ボールをキープした日本が6-0でモンゴルを圧倒。次戦は10月15日、アウェイでタジキスタンと対戦する