ドイツでユダヤ礼拝所襲撃、付近住民2人死亡 「極右テロ」と法相

©BBCグローバルニュースジャパン株式会社

ドイツ東部ザクセン=アンハルト州ハレで9日、銃火器で武装した男がシナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)を襲撃して付近の住民2人を射殺する事件があり、クリスティン・ランブレヒト法相は翌10日、この事件は反ユダヤ主義者による極右テロ攻撃だと発表した。

発表によると、逮捕されたのはドイツ国籍のステファン・バリエット容疑者(27)。襲撃時、シナゴーグには入れず、その後、警察に逮捕された。

地元メディアは、2件の殺人容疑と9件の殺人未遂容疑がかけられていると報じている。

大量殺人を計画か

発表によると、バリエット容疑者は大量殺人を企てていたとされる。襲撃の様子をソーシャルメディアで配信していた。

また、乗っていた車の中に4キロの爆発物を隠していたという。

ドイツのアンゲラ・メルケル首相は9日夜、ベルリンで行われた追悼集会に参加した。また、10日ニュルンベルグで行われた集会で、政府は憎悪や偏見に「あらゆる手段を使って」立ち向かうと話した。

一方、イスラエルのベンヤミン・ネタニヤフ首相は事件を「テロ攻撃」だと述べ、欧州で反ユダヤ主義が高まっていると警告した。

襲撃をネットで配信

バリエット容疑者は、ライブ配信サービス「Twitch」を使い、襲撃の様子をソーシャルメディアで配信した。この動画は約2200人に視聴されたという。

現在は削除されているこの動画では、男が反ユダヤ主義やミソジニー(女性嫌悪)的な発言を繰り返しながら車でシナゴーグへ向かい、その後、礼拝所の扉に向かって発砲する様子が映っていた。

しかしシナゴーグへ入れないことが分かると、男は付近を通りかかった女性と、シナゴーグから500メートルほど離れたケバブ店にいた男性を射殺。このほか、2人が銃弾でけがをして手術を受けた。

報道によると、犯人はシナゴーグに爆発物を設置しようとしていたという。

事件の目撃者は、犯人は銃火器で武装していたと話している。また、犯人がインターネットに書き込んだとされる反ユダヤ的な「マニフェスト」には、手製の銃を持つ犯人の写真が載っていた。

事件当時、シナゴーグの中には60人ほどの信者がおり、ヨム・キプルと呼ばれる祝日の礼拝をしていた。

信者たちは警察が来るまでの間、シナゴーグの重い扉を施錠し、屋内に隠れていた。警察の到着には10分以上かかったという。

ニュージーランドの事件を模倣か

バリエット容疑者は10日に裁判所に出廷。検察側は、容疑者が今年3月にニュージーランド・クライストチャーチで発生したモスク(イスラム教の礼拝所)銃撃事件を模倣することで、「世界規模の効果」を狙ったとみている。

ニュージーランドの事件では、銃撃犯が自分の犯行の様子を撮影し、フェイスブックでライブ配信。これを受けフェイスブックは、ライブ配信の制限や白人国家主義的コンテンツの禁止措置などを発表している。

警察の対応に非難

ドイツのユダヤ人中央評議会は、警察の襲撃への対応に「怠慢」があったと非難している。

評議会のヨゼフ・シュスター議長はラジオ番組の取材で、警察がヨム・キプルの祝日にシナゴーグを警備しなかったのは「容認しがたい」ことだと述べた。

「もし警察がシナゴーグの外に人員を配備していたら、犯人は他の人を攻撃する前に武装解除されていただろう」

シュスター氏はツイッターでも、シナゴーグで犠牲者が出なかったのは「奇跡」だと述べ、「ユダヤ教徒の市民がきちんと守られるよう気をつけなくてはならない」と訴えた。

現代ドイツの反ユダヤ主義

ドイツでは第2次世界大戦中、ナチス政権下で600万人のユダヤ教徒が殺害された。しかし当局は近年、反ユダヤ主義者による事件が増えていると指摘している。

ホルスト・ゼーホーファー内相は10日、「残念なことだが、このところ反ユダヤ主義、右翼の過激主義、そして右翼によるテロといった脅威が非常に高まっている。この真実に直面しなくてはならない」と述べた。

ドイツ警察はシナゴーグにさまざまな保護措置を提供している。行き届かない場合は、各地のユダヤ教徒コミュニティーが当局と協力して安全確保に努めるケースもあるという。

地元メディアによると、9日の襲撃事件以降、ライプツィヒやドレスデンといったドイツ東部の諸都市で、シナゴーグの周辺に警察官が増員された。

しかしドイツ警察労組(GdP)のオリヴァー・マルショウ氏は、シナゴーグを24時間体制で警備するには人員が足りないと指摘した。

マルショウ氏はテレビの取材で、「テロリズムに対応しながら、多くの人員を極右の過激派のモニタリングに充てることはできない」と説明。「決して過小評価はしていないが、すべてを予測し、防ぐことはできない」と話した。

(英語記事 German synagogue attack 'was far-right terror'