ほのぼの・キュートな世界観で育成と収集をやり込む!「ゆめいろファンタジーラテール」事前レビュー

©株式会社イクセル

2019年秋に配信予定の「ゆめいろファンタジーラテール」を配信に先がけてレビュー。PC向けRPG「トキメキファンタジーラテール」の続編である本作の内容について、詳しく紹介する。

「ゆめいろファンタジーラテール」は、グラビティゲームアライズが2019年秋に配信予定のスマートフォン向けRPG。本作は2007年からPC向けにサービスされている「トキメキファンタジーラテール」のスマートデバイス対応版。…といっても単なる移植作ではない。

女神となったイリスのその後の物語を描いた、続編と言えるタイトルだ。もちろん、PC版で魅力となっていたキャラクターカスタマイズ要素は本作でもしっかり引き継いでいる。今回は配信前の本作をプレイできる機会に恵まれたので、その内容を詳しく紹介したい。

■主人公が増殖!?そして女神は引きこもり

PC版の続編である本作のユニークなポイントのひとつが、ストーリー。本作のストーリーは、プレイヤー=主人公と魔神とのラストバトルからスタートする。主人公は己のすべての力を使い魔神に攻撃をしかけるが、それでも魔神を倒すためには至らなかった。そこで、女神セレスは平行世界の主人公達を召喚する。

この結果魔神は倒すことができたものの、八方丸く収まったわけではなかった。主人公は力を失ってしまった上、平行世界から召喚された主人公達が、主人公の世界へとどまることになってしまう。

それだけではない。さらに、女神となったイリスは家から一歩も出たくないと言い出すし、魔神が倒れてこの世の平和を乱すものがいないハズなのに、モンスター達が凶暴化するという現象も発生。様々なトラブルに巻き込まれる形で、主人公の新たな冒険が幕を開ける。

今すぐ登録!

■クエスト受注型の横スクロール・アクションRPG

本作のメインとなるゲームシステムは、PC版同様、横スクロール型のアクションRPG。左右の移動とジャンプ、通常攻撃、スキルを駆使してモンスターと戦う。

ゲームスタート時にプレイヤーが選べる職業は4種類。両手武器とスキルを駆使した攻撃で敵を圧倒する近接型の「ファイター」、高い防御力を活かし、前線で味方を守りながら戦うタンク役の「シールダー」、耐久力は低いが絶大な威力を誇る魔法攻撃が可能な「マジシャン」、遠距離攻撃の専門家である「レンジャー」だ。いずれの職業にも上位職が用意されており、ゲーム進行に伴って転職が行える。

ゲームは、NPCからクエストを受注し、達成することで進行していく。クエストを達成すると、報酬としてアイテムや経験値が手に入る。経験値はモンスターと戦うことでも手に入るが、クエスト達成で手に入る経験値の方が圧倒的に多いため、キャラクターの育成を行う場合でもクエストを優先した方がいい。

クエストの内容は、特定のNPCとの会話や指定アイテムの収集、指定モンスターの討伐といった、一般的なMMORPGと同様のものが用意されている。

バトルにおけるアクションとRPGのバランスは、RPG寄り。ボタン連打によるコンボ攻撃やスキルによってモンスターと戦うというメカニズムはいかにもアクション的。だが、操作が上手なら低レベルでも強敵を倒せるようなバランスではない。

筆者プレイ時点の状況は、適正レベルでモンスターと戦った場合、通常攻撃のみで攻撃すると「やや硬い」という印象。しかし、スキルを使うと一気に倒すことができ、爽快感が味わえる…というバランスに調整されている。スキル発動後のクールタイムがやや長めで、スキルを連発できるわけではないため、バトルのテンポは比較的ゆったりとしたものに感じられた。

このゆったりとしたテンポが、本作の雰囲気とマッチしていると感じた。本作の世界観は王道ファンタジーだが、ご覧の通り、かわいらしくほのぼのとした雰囲気だ。なので、激しいアクションが要求されるのではなく、カジュアルな感覚で戦える本作のバランスと相性がいいように思う。

「カジュアルな感覚」と書いたが、「オート機能」を使ってさらにカジュアルに楽しむことも可能だ。クエストの表示欄をタップすれば「オート機能」が発動。クエストの目的地へ向かい、自動的に敵と戦ってくれる。

本作の「オート機能」はなかなか賢く、スキルもしっかり活用してくれる。なので、「オート機能」任せで放置系RPGの感覚でプレイすることも可能だ。ただ、「オート機能」は、クエストの目的として設定されている敵以外を無視するため、適正レベル以上の敵が出現する場所で「オート機能」を使用すると、目的以外の敵に囲まれて思わぬダメージを食らってしまう可能性がある。「オート機能」を中心にする場合、適正レベルには注意したい。

■キャラクターをオシャレに着飾ろう

RPGの醍醐味と言えば、「収集」と「育成」。PC版では自分のキャラクターをオシャレに着飾る事が最大の魅力となっていただけあって、本作の「収集」「育成」はやりこみ甲斐のあるものになっている。

「収集」と「育成」で楽しいのは「いかに自分ならではのお気に入りキャラクターを作っていくか?」という点。PC版で人気だったのも、コスチュームを変えることで自分なりのオシャレなキャラクターを作ることができたから。もちろん、本作でもコスチューム機能は用意されており、コスチュームを変えることで自分なりのオシャレを追求することが可能だ。

もちろん、外見ではなく能力も伸ばしていくことができる。クエストを通じてより強力な装備を獲得するトレジャーハンティング要素を基本に、「強化」を行うことで装備の能力を伸ばしていくことが可能。装備の強化は、装備を合成して行う「強化」の他、「昇級」、「研磨」「エンチャント」といったバリエーションが用意されている。

キャラクターの強さは、キャラクターの能力値と装備に加えて「スキル」「ペット」といった要素の複合で決定するが、これらは「戦闘力」という形で総合的に表現されている。このため、どのくらい強いのか一目瞭然。強さを目指して「収集」「育成」を重ねていく際、「戦闘力」アップがモチベーションになってくれる。

■ほのぼの、まったりとやりこむRPG

本作はかわいらしく、ほのぼのとした世界観でまったりと「育成」「収集」を楽しみたいという人に向いたRPGだ。PC版の続編という位置づけではあるが、本作からプレイを始めるという人でも十分楽しめる。本作のキャラクターイラストに興味を持ったなら、是非プレイしてみて欲しい。もちろん、PC版プレイ済みのプレイヤーは、各キャラクターへの思い入れも手伝って、より楽しめることは間違いないだろう。

今すぐ登録!

(C) GRAVITY GAME ARISE Co.,Ltd. All Right Reserved.