波瑠が「あなそれ」チームと再タッグ!「G線上のあなたと私」では“素直で悪いことをしない役”

©株式会社東京ニュース通信社

TBS系で10月15日スタートの連続ドラマ「G線上のあなたと私」(火曜午後10:00)の試写会が行われ、主演の波瑠、共演の中川大志、松下由樹が出席した。今作は波瑠主演で2017年4月期に放送された「あなたのことはそれほど」のスタッフが再集結して制作したもので、主人公の小暮也映子役の波瑠は「同じチームなのですが、也映子みたいな素直で悪いことをしない役もやらせてもらえるんだと安心しました」と、泥沼の不倫を描いた前作とは異なる爽やかな内容をアピールした。

ドラマはいくえみ綾氏の同名漫画を原作に、寿退社間近に婚約破棄されて無職になった主人公・也映子(波瑠)が、たまたま耳にした“G線上のアリア”の生演奏をきっかけにバイオリン教室に通い始め、そこで出会ったイマドキ大学生の加瀬理人(中川)、主婦の北河幸恵(松下)たちとのバイオリンのように一筋縄ではいかない人間関係を描くストーリー。

劇中では3人は代役を立てずにバイオリンを演奏しており、波瑠は「年明けくらいからバイオリンの練習を始めていましたが、最初はどう触っていいのかも分からないところからでした。もう不安しかなかったですよ」と演奏シーンが心配だった様子。松下も「春から練習していたのですが、最初はバイオリンを練習する時間帯が気になって。やはり夜はできないので」と近所迷惑にならないよう気を使って練習していたことを告白。

その一方で、松下は「3人ともバイオリンを初めて習うので、個人練習から始めたのですが、クランクインする前に共通の経験があったのは大きかった」とバイオリンが3人の結束を強めたことも訴え、「3人で合わせた時くらいから、ようやくホッとしました。3人のそれぞれの息と音を聴いて、そこから楽しくなっていった感じですね」。中川も「これからいろんな曲が出てきますが、初めて1曲は形になったのかなと思えた瞬間はすごくうれしかったですね」と徐々にバイオリンにのめり込んでいったことを明かした。