シベリア抑留、犠牲者の慰霊祭

遺族ら「悲劇を後世に伝える」

©一般社団法人共同通信社

シベリアなどで強制労働をさせられた犠牲者の慰霊祭で犠牲者を悼み献花する遺族ら=11日午後、東京都千代田区

 第2次世界大戦後、旧ソ連に連行され、シベリアなどで強制労働をさせられた犠牲者の慰霊祭が11日、東京都内のホテルで開かれた。全国強制抑留者協会の主催で、今年で31回目。抑留体験者や遺族ら約170人が献花し「抑留の悲劇を後世に伝え、慰霊を続ける」と誓った。

 4月に99歳で亡くなった元会長の相沢英之氏や犠牲者らをしのび、黙とう。山田秀三会長(102)は「年々同志が亡くなり、われわれに残された時間はわずかになった。抑留者の犠牲の下に今日の日本の繁栄があると、末永く後世の人に伝え、慰霊をしたい」と語った。