「秋のバラまつり」甘く香る3300株 熊本県農業公園

©株式会社熊本日日新聞社

「秋のバラまつり」が始まった県農業公園カントリーパーク=合志市

 合志市栄の熊本県農業公園カントリーパークで11日、「秋のバラまつり」が始まった。ピンクや白、黄色など約500種3300株が見頃を迎えつつあり、甘い香りを漂わせている。22日まで。

 春と秋の年2回開かれており、秋の花びらは春に比べて小ぶりなのが特徴。8月の長雨や台風で無事に咲くか心配されたが、例年通り今月に入って咲き始め、今は五~六分咲きという。

 見物に訪れた熊本市東区上南部の主婦上妻光子さん(71)は「色と香りがすてき。一輪でも癒やされるのが魅力ですね」と話していた。午前9時~午後6時。入園料300円(高校生以下は無料)。同公園TEL096(248)7311。(木村恭士)

(2019年10月12日付 熊本日日新聞朝刊掲載)