間もなくリリースと噂されるベックの新作『ハイパースペース』のアートワークを本人が公開!驚きのカタカナロゴに加え、日本が誇るあの名車も!

©ユニバーサル ミュージック合同会社

独自の音楽性で圧倒的なカリスマ人気を誇る奇才、ベックが間もなくリリースされると噂されているニューアルバム『Hyperspace』のジャケット・アートワークを自身のSNSで初めて公開した。

以前のインタビューで、“『Hyperspace』というタイトルは80年代のビデオゲーム、Asteroidsにあった”Hyperspace“ボタンにインスパイアされたんだ”と語っていたベック、公開したアルバムのアートワークもまさに80年代を彷彿させるもの。

ジャケット・アートワークに登場するのは、レトロな書体のカタカナで大きく入れられた“ハイパースペース”という青文字ロゴ、バブル時代を思わせる白いスーツに身を包んだベック本人、そして1981年に発売された日本が誇る名車、真っ赤なトヨタ・セリカ(3代目)リフトバック、という“日本の昭和”感たっぷりなアイテムたち。赤・青・白のコントラストが強烈なインパクトを残すベックらしい“レトロで近未来的な”アートワークとなっている。

現在のところ、新作『Hyperspace』の発売日や収録曲等の詳細は一切アナウンスされていないが、この“日本オリエンテッドなアートワーク”を元に期待が高まる。

Beck – Instagramページ  

■シングル情報
ベック「ソウ・ライトニング」
Beck “Saw Lightning”
視聴・購入はこちら